カリキュラム

エースでは、原則マンツーマンの指導を行っております。それは子ども一人ひとりの個別の教育支援計画、個別の指導計画に基づいた教育プログラムの提供をしていきたいからです。

また、エースでは自分らしく学ぶためには、いくつかの基礎的なスキルが必要であると考えています。

● 説明を聞く(読むor見る)力

● 聞いた(読んだor見た)内容を理解する力

● 分からないところを相談する力

● 理解した内容を表現する力

● 表現した内容を報告する力  など


エースでは、マンツーマンの教育の中で、学習やソーシャルスキルだけではなく、これらの基礎的なスキルについても学んでいきます。

下記の内容について詳しくは各ページをご覧ください。



エースの3つのカリキュラム

エースでは主に3つのコースを設けております。

学習コース

 学習コースでは主に算数・数学、国語、漢字、英語の指導を中心に、理科、社会の指導も行っております。必要に応じて、パソコンの学習も行っていきます。

 学習コースを希望される方の多くは「子どものペースで学校よりも予習をしていきたい」、「学校についていけないけど、子どものペースで学ぶ場がほしい」等の理由で希望されることが多くあります。しかしながら、学校のペースとずれてしまうと、「どの程度、身についたのか」が曖昧になってしまいがちです。

 そこでエースでは学年の習熟度と関係性の強い各種検定の取得という明確な基準を設けて、個別の教育支援計画を立て、個別の指導計画を作成し、教育プログラムを立案していきます。受検はエースと同じ建物内にある学習塾トータスで受験が可能なため、いつもと同じ環境で資格を取得することが可能です。

各検定試験については下記のページをご覧ください。

公益財団法人 日本漢字能力検定協会 「日本漢字能力検定」はこちら

公益財団法人 日本数学検定協会 「実用数学技能検定」はこちら

公益財団法人 日本英語検定協会 「実用英語技能検定」はこちら

ソーシャルコース

 ソーシャルスキルは、人付き合いの技術(スキル)のことです。

 人付き合いの技術は集団の中で自然と身についていく(学習していく)ものだと考えられていますが、実はその学習は100%ではありません。人により個人差があり、人付き合いで失敗しやすい人は技術を集団の中で自然と身につけることに苦手さを感じている場合が多くあります。

 そこで、エースでは個別に子ども一人ひとりの状況に合わせてソーシャルスキルを学ぶ場面を作りながらスキルのトレーニングを行っていきます。

 マンツーマンでやるの?と思う方も多いかもしれませんが、ソーシャルスキルトレーニングとは本来マンツーマンで行うトレーニングのことを指しており、実は集団で行うソーシャルスキルトレーニングは、集団ソーシャルスキルトレーニング等と呼ばれたりしているものなのです。

 確かに集団で行うのも一つの方法ですが、集団で自然と身につけられなかった子どもに丁寧にスキルを教えるとするならば、まずはマンツーマン(2者の関係)で行うのが最もベストな方法だと考えています。

 また、マンツーマンでトレーニングが行えるので、子どもが今困っていること、これから身に着けておいたほうがいい人付き合いのスキルに注目した個別の教育計画を立案し、指導計画を作成した上で、個別の教育プログラムを実施していくことができます。

入学準備(発達)コース

 入学準備(発達)コースでは主に就学前の子どもが楽しく学習し、理解し、表現する力が伸ばせることを大切にしています。

 保護者のニーズをお伺いしながら、子どもにとって無理のない個別の教育計画を立て、個別の指導計画を作成し、オーダーメイドでトレーニングのプログラムを作っていきます。

 トレーニングは主に2種類に分けられます。

【能力開発のためのトレーニング】

小学校で必要なスキル、基礎学力の向上に向けたトレーニングを個別の習熟度や達成度に応じて行っていきます。

【認知発達のトレーニング】

能力開発の内容と重なる部分もありますが、子ども一人ひとりの発達を「ことば(言語)」、「思考力(認知)」、「運動」、「社会性」などのいくつかの視点から確認して個別のカリキュラムを組み、トレーニングを行っていきます。

エースの3つのクラブ

エースでは子どもたちの興味関心に合わせてグループで学ぶ場としてクラブを設けております。

ロボット研究クラブ

 ロボット研究クラブでは、プラモデル、ミニ四駆から始まり、基礎的な工作作業を通して、物を作る楽しみを学んでいきます。さらにステップを進めていくと実際にロボットの骨組み作り、動かすプログラミングの構築等についても学んでいき、自分だけのオリジナルロボットの作成を目指していきます。

ベーシックコース1:プラモデル作り

ベーシックコース2:ミニ四駆作り・テスト走行・改造

スタンダードコース:ラジコン作り・回路作り

アドバンスコースα:2足歩行ロボット作り・プログラミング

アドバンスコースβ:オリジナルロボット作り・プログラミング

英語クラブ

 英語クラブでは発音を中心に英語に「あい・キャン」というタッチペンシステムを使って基礎から学んでいきます。

 タッチペンシステム(ヘッドフォン有)を導入することで、お家で復習をするときでも、発音がわからない単語や文章のネイティブ英語をすぐに聞くことができます。

 自分のペースでワークを進めていき、進級テストに合格することで、さらに上の級へと学習を進めていくことができます。

 教材は小学校低学年から取り組めるレベルから中学校3年生相当の内容まで用意されており、初めて英語を学ぶ子どもにも、英語に苦手意識のある子ども取り組みやすくなっております。

【カリキュラム】

ビギナー1 : 身近な単語を覚えよう

ビギナー2 : アルファベット~基本の語彙・文

スタンダード1 : 文法(中学1年生)

スタンダード2 : 文法(中学2年生)

スタンダード3 : 文法(中学3年生)

アドバンス:高校受験準備・高校生

※ アドバンスではタッチペンシステムは使用せずにiPadを使います。

タイピングクラブ

 タイピングは漢字の読みのように「できて当たり前」という一般常識になってきています。そこでタイピングクラブではなるべく早い段階からマイペースでタイピングの練習に取り組み、日本最大級のタイピング練習サービスを開発・運営しているイータイピング社が実施するタイピング技能検定(イータイピング・マスター)の資格を取得していくことを目指していきます。

 

 ビギナーコース:ローマ字を覚えよう

 スタンダードコース:ホームポジションの練習

 アドバンスコース:タイピング技能検定対策

 

イベント・特別授業

あそび~く

 子どもたちがクラスの休みの週に、エースの仲間との遊びの場として、職員がコーディネートするグループ活動を無料で行っております。

 【主なプログラム】

 ① アイスブレイク(リラックス)タイム

 ② グループ

 ③ おやつ

学びの道場

 学校が長期休業期間には日中の時間を使って、学びの道場を開催しております。

 学びの道場では学習補助(学校の宿題のお手伝い・各種検定の勉強等)やイベント(工作、調理等)をしています。学習補助については、個別に相談の上、カリキュラムを組んで学習に取り組んでいきます。

【マンツーマンコース】

 先生とマンツーマンで学習補助を行っていきます。

【グループコース】

 3名前後のグループで学習やイベントに挑戦していきます。

遠足

 

土日祝日のクラスがお休みの日に、子どもたちと、エースの職員、学生ボランティアとで博物館や水族館、動物園、工場見学等に出かけています。

 【今までの遠足先】

 ・JAXA/筑波宇宙センター

 ・上野動物園

 ・葛西臨海水族園

 ・鎌倉

 ・エプソン品川水族館 等

調理実習

 年に1~2回、調理実習を行っています。

 過去の調理実習ではおひるごはんとしてパスタづくり、肉野菜炒め、ハンバーグ、カレーライスづくり等に取り組んでいます。また、お菓子作りにも取り組んでおり、ケーキ、クッキー、ホットケーキ等にも取り組んでいます。

【最近の調理実習】

 ・ハンバーづくくり

 ・カレーライスづくり

 ・クッキーづくり

 ・たこ焼きづくり

合宿

 毎年3月下旬の土日で合宿に行っています。野外炊飯、キャンプファイヤー、ミニ登山、ミニハイキング等の種々の行事を毎年企画しています。

 【春合宿での活動例】

 ・ キャンプファイヤー

 ・ バーベキュー

 ・ 森の小ビン作り

 ・ レクレーション

 ・ フットベース  等

体育

 登山や近くの体育館の空き状況をみて球技等をしたりと、体育活動を行っております。バトミントンやバスケットボール等、毎回種目を決めて運動をしています。

【過去の例】

 ・高尾山ミニ登山

 ・バトミントン

 ・バスケットボール