個別の教育支援計画について

エースの個別の教育支援計画

エースでは子ども一人ひとりに合わせた教育サービスを提供させていただくために個別の教育支援計画を個別に作成しております。

個別の教育支援計画の概要

1.エースに期待すること

子どもの期待、保護者の期待に合わせた教育サービスを提供するためにお伺いしております。

2.目標

目標を一緒に相談しながら設定させていただきます。個別の教育支援計画はこの目標に合わせて作成していきます。

 Bくんの場合)お友だちがたくさん欲しい!

 Dくんの場合)漢字を得意にする!漢字検定を毎年1つずつとる!

3.現在の様子

子どもの状況に合わせたサポートをするために、現在の様子をお伺いしております。

得意・好きなこと、苦手・嫌いなこと、頑張っていること、不安なこと、配慮してほしいこと等

4.心理検査等の結果

必要に応じて心理検査等を受けていただいております。

WISC-4、K-ABC2、CLISPI-dd、基礎学力検査等
5.教育支援目標

個別の教育支援目標を、短期(1年間)、長期(3年間)で設定していきます。また、教室内での目標も職員が「生活」、「学習」、「コミュニケーション」、「余暇」、「進路」、「その他」のカテゴリに分けて細かく設定していきます。

生活・・・普段のクラス中の机の上の整理整頓等から、遠足、合宿等を利用した目標(公共交通機関の使い方、宿泊時の荷物の整理整頓等)も設定していくことができます。
学習・・・普段のクラス中ので学習に取り組む際の支援の目標を設定していきます。
コミュニケーション・・・報連相等を中心に聞く、伝える、相談することについての目標を設定していきます。
余暇・・・興味を広げたり、出来ることを増やしていく、ルールを学ぶ等のグループ活動等につながる目標を設定していきます。
進路・・・進路の希望(進学、進級、就労)に合わせた目標を設定していきます。
その他・・・その他、子どもの状況や保護者からの要望にに応じた目標設定を個別に行っていきます。

6.他の支援機関の支援

必要に応じて他機関との連携ができるように対応をしていきます。

7.支援会議の記録

定期的に生徒の様子を見て職員全体で支援会議を行っております。その記録をまとめていきます。

8.支援目標の達成度

年度の途中、年度の終わりに職員のほうで目標の達成度の報告をさせていただいております。

9.次年度への引継ぎ事項

年度の終わりには達成度の報告に合わせて、次年度の目標設定を一緒にしていきます。