A君の場合ー学習コース

A君

小学4年生

指導目標

・ 算数検定の取得

・ 読解力の向上

・ 思考力の向上

指導内容

1.算数検定の取得

 3年生の7月に教室に来てくれたので、8月の算数検定で11級(小学1年生の範囲の復習)、3月で10級(小学2年生の範囲の復習)、4年生の7月に9級(小学3年生の復習)を取得し、4年生の3月以降、毎年3月に当該学年の検定の受検を目指して学習を進めています。

 教材は無学年式のワーク教材と、アニメーションを使った算数の説明をしてくれる教材を併用して視覚的に分かりやすい教材を中心に活用して、教室で先生と一緒に学習に取り組んでいます。

2.読解力の向上

 読んで内容を覚えたまま回答することが苦手だったため、ワーキングメモリのトレーニングと併用して、短文を読んで、回答する練習から始め、だんだんと正答できる問題が増えてくるにしたがって、無学年式の国語の読解問題にテキストに移行をしていき、習熟度テスト等を実施し、習熟度を確認しながら学習を進めていきました。

3.思考力の向上

 自発的に考える力を培うために、思考力を向上するトレーニングを行いました。積み木や、立体図形のパズル、規則性の問題など、子どもの現在の習熟度に合わせて、問題をチョイスし、練習を積み重ねていきました。

学習コースの他のカリキュラムの例